1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 多様性の国!インドの働き方とは?

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

多様性の国!インドの働き方とは?

2019/04/03(水) 08:41

2010年以降、経済成長率は5%~10%、昇給率も毎年9%を超える高成長国インド。2019年3月にそのインドを訪ね、インド企業の経営幹部と多くの時間をご一緒する機会を得ましたので、今回は一般的なインド企業及びインド人の働き方を紹介します。

まず勤務時間は週48時間、10:00~18:00が就業時間です。ただし15分程度遅れて出社する人も多いのが実態です。

11:00と16:00には、会社からチャイ(ミルクティー)が提供され一休み。ランチタイムは、13:00~13:45ですが、外のレストランでカレーを食べて14:00頃会社に戻る人が多いです。18:00が終業時間ですが、17:30頃から帰り支度を始めます。基本的に残業はしません。

インドは、公用語だけで15もある多様性に富んだ国ですので、地域や外資系か国内企業かによっても働く環境は異なりますが、上記のような、個々の自主性にゆだねられた? ゆったりした時間が流れるのが特徴でしょうか。

宗教的な背景もあり、会社帰りに飲み屋に行くのではなく、自宅で家族と、テレビを見ながらラム酒やウイスキーを飲む人が多いようです。

職場カルチャーという点では、カースト制の影響もあると思いますが、上司・部下間の規律を重んじるのはインド企業の特徴です。上司は部下に対して威圧的ですし、部下も上司に対して、あからさまに下手に接します。

外資系企業には閉鎖的と言われるインドですが、成長度合いは新興国の中でも群を抜いており、これからも目が離せない注目国。今後、何度も訪れたい魅惑の国です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ツイートツイート

ページの先頭へ