1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 香港のダブルペイとは?

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

香港のダブルペイとは?

2013/11/28(木) 09:08

年末になり、日本では冬季賞与が支給される時期です。今年は、景気の見通しの良さから、三菱UFJリサーチ&コンサルティング(2013年11月1日付)によると、民間企業における賞与の平均支給額は5年ぶりに増加に転じ、一人当たり36万7500円と、前年比で0.5%増えるということです。

所変わって香港では、古くからの華僑の慣習で年末手当としてダブルペイが支給されます。ダブルペイという名称ですから、年末のある月(12月または1月)は、2ヶ月分の給与が支給されることになります。これは法律で決まっているわけではありませんが、通常、雇用契約書に記載されています。

日本では、業績によって賞与額に変動がありますが、ダブルペイは原則として変動することはありません。

香港では、ダブルペイとは別に業績や人事評価による業績賞与も支給されます。The JobsDB(2013年 11月14日付)によると、その平均額は、月給の1.6ヶ月分(昨年は1.5ヶ月)ということです。ちなみに、金融関係は全ての業界で最も高く5.3ヶ月の見通しということで、不動産業界2.2ヶ月分、製造業1.9ヶ月と続きます。ダブルペイは、もともと固定された金額ですが、業績賞与の場合は、金額によっては社員の離職につながりますので、企業は慎重な金額設定が必要になります。

このように見ると、香港の年収は、月給の15ヶ月~16ヶ月で想定していただければ、結果として日本と同程度のイメージになるのではないでしょうか。

さて今年、皆さんの組織の賞与額は、いかがでしょうか。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ