1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 香港の高昇給率のワケは?

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

香港の高昇給率のワケは?

2013/10/28(月) 05:17

日本国内では、2014年4月からの消費税率8%への引き上げに向け、復興特別法人税の1年前倒し廃止により、国は平均1~2%程度の昇給を企業に求めているようです。

所変わって、2013年10月23日付の香港紙South China Morning Postによると、2014年の香港における企業の平均昇給率は4.7%と予想されるとのこと。また実際には、それ以上に上がることも予想されるということです。

日本以上に高い平均昇給率の理由として、まだまだ経済は堅調で失業率が低いこと(失業率3.3%)、多少のインフレも起こっていること、などが上げられますが、最大の理由としては、企業側は、ある程度昇給させないと、従業員の離職につながるという焦りがあるようです。確かに、香港の従業員は今もらえるお金は、今いただく。自分の頑張りや実力を評価してもらえないなら職場を変える、というスタンスです。

香港では、上司としても特に居てもらいたい人には、都度、最大限の評価をするでしょうし、従業員も最大限の評価を得るように日々の研鑽を怠りません。雇用の流動性が高く、平均昇給率も高い香港は、企業にとっても個人にとっても、常に今現在を真剣勝負しなければならない環境と言えると思います。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ