1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 次世代幹部育成

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

次世代幹部育成

2010/09/12(日) 05:17

 現在、企業の人事担当者は、どのような課題を持っているのでしょうか。

 最近、発表された統計(労政時報2010年6月25日号)よると、一位は従業員の能力開発・キャリア開発、二位は優秀な人材の確保・定着、三位は次世代幹部候補の育成となっています。

 その後に、従業員のモチベーション向上、賃金制度・評価制度の改訂、組織風土の変革労政、総労働時間の短縮、と続きます。

 一位と二位について言えば、2008年の経済危機後、非正社員だけでなく正社員のリストラも相次ぎましたが、基本的に日本の場合は少子高齢化により、労働力人口が急激に減っています。グローバル化の背景もあり、今後は、外国人を含めた優秀な人材の獲得競争は激化し、例えば日本企業の新規学卒に占める海外留学生の比率などは、段階的に増してくるでしょう。

 三位の「次世代幹部の育成」は、企業の生き残りをかけた命題です。外部からヘッドハンティングすることもできるでしょうが、できれば社内で育て上げる、選別できることが望ましいと言えます。しかし、経営幹部は、部内の実務だけをやっていても育ちません。経営の体系的な学習と、経営の一部権限委譲により経験を積ませることが大切です。  

 ヒサエダコンサルティングでは、パートナーコンサルタントの力もお借りし、幹部育成研修を以下のようなプログラムで実施させていただいております。

 ①私が当社の社長だったら

 ②自社の軌跡の整理

 ③論理思考

 ④会計 基礎→応用

 ⑤戦略

 ⑥マーケティング

 ⑦プレゼンテーション

 ⑧事業計画書策定

 研修参加者は、10名から20名に限定し、社内から次世代の幹部と期待される社員を選抜していただきます。誰でも受講できるのではなく、選抜されるということが、本人の研修への参加動機づけも高まります。研修は、月1回、半年程度かけて実施します。最終日の2日間は、合宿形式とし、3名程度のグループで、事業計画書を完成させます。そして、最後の時間で、社長を含む経営陣の前で、プレゼンテーションを行います。

 この研修により、次世代の幹部候補としての役割認識、意識醸成を図るとともに、マネジメントに活用できる基本知識・スキルを学び、将来の中核となる人材を育成していきます。この研修の受講は1シーズンだけではなく、継続的に実施することで、選抜メンバーを篩にかけ“本物”を見極めていきます。

 皆さんの会社の未来の幹部は、着実に育っているでしょうか?

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ