1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 人事評価制度

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

‘人事評価制度’ タグのついている投稿

一昨年より、地方自治体でも人事評価が導入されていますが、導入効果として最もポジティブな面が、上司と部下間の面談にあるようです。上司にしっかりと時間を取ってもらい話ができたことが満足につながっています。…

上司の言っていることが全て正しいとは限りませんが、自己評価や上司評価の結果について、自分なりに振り返り、何らかの気づきとアクションをとっていくことが大切です。 自治体職員の少数精鋭化は待ったなしです。そのためには、一人一人のさらなる成長が求められています。 多くの自治体…

特に中小企業では、外部の専門家に依頼して、一定の予算と時間で、今後のあるべき組織や人事制度見直しについて検討することは、今後益々増えてくるのではないでしょうか。 …

目標管理制度における目標設定では、「組織目標との連動を踏まえ、職務を重点化し、達成の状態と進め方を具体的に記述すること」です。 このポイントを抑え、上司だけでなく、第三者が見ても、理解し易い目標となっていることが重要です。 …

評価傾向とは、評価する際に生じる判断のゆがみのことです。ゴルフのスイングをしても皆が少しずつ異なるスイングであるように、評価者の判断もマチマチです。評価者は、予め自分の傾向を知って、少しでもバラつきの少ない公正な評価を目指すことが大切です。…

コンピテンシー項目は、意味合いに重複がないか、点検してみる必要があります。…

今後5年程度で、人事評価結果を処遇に活用する自治体の動きは、急速に進みそうです。…

期初面談の大切さ

2009/11/10(火) 07:10

人事評価制度における“面談”というと、期末のフィードバック面談を想像される方が多いようです。 しかしながら、期の初めに行う期初面談がしっかり行われていないと、フィードバック面談において、「そんなことが求められているなんて […]…

平成20年度に初めて人事評価制度を試行導入されたM市において、試行結果について、アンケートを通じて、評価者からのコメントがあがってきました。 最も多かった声は、「評価基準がわかりづらい」という内容でした。評価者の評価が付 […]…

   

ページの先頭へ