1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 人事制度構築

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

‘人事制度構築’ カテゴリーのアーカイブ

国際競争力の強化や世代交代問題などの影響で、中小企業においてもM&Aは増加しています。異なる組織が一緒になるわけですから、そこでは様々な問題が生じます。特に、組織、人事制度上の諸問題としては以下のような事項が想定されます。…

 人事制度の再構築、業務改善を行う際など、多くの場合、社内でプロジェクトチームを立ち上げていただくことになります。  理由としては、特定の部内で検討するのではなく、異なる部署や労働組合などの代表者が集まってオープンに議論することにあります。  プロジェクトメンバーの選任…

人事制度では、等級基準や人事評価基準を構築する前提、その過程においては、会社全体及び各部署で、どのような業務があるのかを把握する必要があります。  しかし、会社によっては、業務の把握に着手した際、そもそも現在の業務のあり方がどうか、全体の見直しが必要ではないか、というケースが…

これまで、合併に伴う新しい人事制度構築を複数お手伝いをさせていただきましたが、今回は、中でもプロジェクトマネジメントが難しかった一件を紹介します。  本件は、いずれも社員数1,000人以上の2社の合併で、この時の主な条件は、3つのとおりです。 …

 働く価値観の変化やワークライフバランスの重視などに伴い、企業側も、人事制度において多様なコース(人材群、職群など)を準備するようになっています。  例えば現在は、、、…

医療や介護機関は、組織体ということはもちろん、経営体であります。そのためには、「理念の浸透」「人材育成」「職員の動機づけ」「公正な処遇」「適材適所」などを志向した新しい人事制度が求められています。…

「国が子ども手当を出すので、当社の家族手当は廃止する。」ということではなく、当社にとって何のための家族手当なのか、を再検討してみる必要があるでしょう。 …

特に中小企業では、外部の専門家に依頼して、一定の予算と時間で、今後のあるべき組織や人事制度見直しについて検討することは、今後益々増えてくるのではないでしょうか。 …

「会社は誰のものか?」 これは企業の形態や状況によっても異なる永遠の問です。 リーマンショック後は、短期志向の経営に陥り易い「株主のため」のトーンがやや弱まり、「従業員のため」という声も多く聞かれるようになりました。 実際の経営では、お客様や取引先、地域社会などを…

コンピテンシー項目は、意味合いに重複がないか、点検してみる必要があります。…

 « 前ページへ 次ページへ » 

ページの先頭へ