1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 病院の人事課題

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

 最近、医療や介護機関からのお問合わせが増えています。

医療や介護の組織と言っても、規模や専門性、職員の雇用形態まで様々ですが、共通点として、例えば次のような組織・人事上の課題をお持ちです。

●優秀な准看護師よりも、あまり仕事ができない看護師の方が、給与が高くなる仕組みになっており、職員の能力や成果に対して報いるシステムになっていない。

●正職員以外に「契約社員」、「パート」、「嘱託」などの様々な雇用形態があり、就業ルールや処遇が複雑になっている。

● グループの施設間で、基本給水準や諸手当の有無、夜勤手当などの額や時間が異なるので、人事異動を柔軟に実施することができない。

●職場内に、部下や後輩の人材育成という考え方がない。また、個人の経験や知識が共有化されていない。

●患者・利用者満足度を高めるという視点がなく、また患者満足度の高い職員が厚遇されているわけではない。

●特に看護職が定着せず、なかなか良い人材が入ってこない。

 医療や介護機関の場合、様々な公的資格を有した専門職の方が多く、能力や行動、患者・利用者満足度で処遇が決まるわけではありません。また、公的資格を有している専門職だけに、入職時から一人前扱いで、職場内の人材育成の意識が低いということが言えます。

 医療や介護機関は、組織体ということはもちろん、経営体であります。そのためには、「理念の浸透」「人材育成」「職員の動機づけ」「公正な処遇」「適材適所」などを志向した新しい人事制度が求められています。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ