1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. コンピテンシー評価項目の点検

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

コンピテンシー評価項目の点検

多くの企業で、社員の行動規範や優秀社員の行動モデルを項目化したコンピテンシーを、能力評価や行動評価という形で制度化し、運用されています。

ただし、行動規範やコンピテンシーを人事評価項目として用いる際には、注意が必要です。

人事評価項目が、10個あれば、原則として、その意味合いが重複しないように定義されなければならない、ということです。

例えば、「創意工夫で・・・計画している」「柔軟な発想で・・・企画立案している」という2つの似た評価項目があった際、評価者は、どちらに付けるか迷ってしまいます。

評価者は、結果的に両方とも良い点(悪い点)といするか、どちらか一つの項目にのみ良い点(悪い点)とするか、で判断することになります。

この判断の違いにより、結果的に評価者間でバラつきが生じます。

当たり前の事と言えば、その通りですが、今一度、評価項目の意味合いの重複が起こっていないか、評価者の視点で点検してみてはいかがでしょうか。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ