1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 新人事制度の導入効果が出るまで

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

新人事制度の導入効果が出るまで

2009/04/02(木) 08:26

4年ほど前に、当方が、人事制度構築をお手伝いさせていただいたお客様の経営トップと、久しぶりにお話する機会がありました。
その会社は、業歴が長く、業界も成熟産業で、労働組合も強固です。年功が強く処遇に反映されていたため、若手が定着せず、また定着する若手も徐々に元気がなくなっていくという状況でした。
そこで、4年前に、①高年齢層と若年層の給与格差の是正、②求められる行動や能力の明示、③評価結果及び会社業績に基づく貢献度に応じた処遇、の3つの方針のもと、構築・導入しました。
久しぶりにお会いした経営トップは、『新人事制度を導入して良かった。今となっては良く導入できたものだ。調整給の償却も今年度で終了し、若年層の昇格や昇進も進み、会社に活気が出てきた』という話をされました。会社に活気が出てきたのは、会社の経営努力の賜物ですが、私としても大変うれしい話でした。
実は、人事評価制度や給与制度などの人事制度は、導入したからと言って、すぐに効果があるものではありません。①新しい人事評価ルールを管理者間で共有する。②評価結果が給与改定や賞与に反映される。③複数年の人事評価等の積み重ねが昇格や昇進に反映される。等のサイクルを考えると、3年程度は導入効果が出るまでに時間がかかります。
もちろん、新しい人事制度を導入したことにより、等級や役職のステップアップができた、給与体系が整理されたということはありますが、これはあくまでも形だけのものに過ぎません。その箱に魂が入るまでは、やはり一定の時間を要します。
私自身も、現状とあるべき姿のギャプに挑み、お客様から導入直後に『良かった』と言われるよりも、3年経過して『良かった』と言われるコンサルティングをやっていきたいと常々考えています。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ