1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 仕事に対する考え方の変化

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

仕事に対する考え方の変化

2010/06/03(木) 09:00

世の中の環境変化は、激しさを増していますが、ここ数年、日本人の仕事に対する考え方も変わってきたのではないでしょうか。

どう変わってきたのか、一言でいうと、必要以上に、「会社に頼らない」ということでしょうか。

 理由としては、リーマンショック後、正社員・非正社員に関わらず離職者が増えたこと。

離職していなくても、残業時間が減って、自分のために使う時間が増えたこと。

その他、インターネットの普及や価値観の多様化など様々な理由はあると思いますが、一つの会社に対して、多くの時間を費やしストレスを溜める、ということが敬遠されてきているように感じます。

ある意味、高度成長からバブル崩壊、経済の低成長、リーマンショックを経て、会社と個人の関係が成熟化してきたとも言えると思います。

 会社と自身の人生は別物、しかし、就業時間中は熱心に仕事をするし、就業後の自己啓発も図る。

 企業としては、これらの傾向を嘆くのではなく、休暇の取得方法、時間管理、独立支援や一度退職しても再度入社可能なOB制度など、ライフワークバランスの施策を講じることで、 たとえ中小企業であっても優秀な人材をひき付けることができるのではないでしょうか。

確かに、これらの施策は、一時的に高コストになります。

しかし、ダラダラと遅くまで仕事をして残業代を稼ぐ社員がたくさんいる状態よりも、健全な組織になるのではないでしょうか。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ