1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 組織に“ゆらぎ”を

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

組織に“ゆらぎ”を

2010/01/06(水) 06:52

2010年になりました。
一昨年から引き続き景気は良くありませんし、地方の企業にとっては2000年以降、良くなる時期もなく低迷が長引いている状況だと思います。

景気が低迷すると、企業は自社を守るために、様々な投資を抑え、採用の抑制や自主退職者が減るなど組織の硬直化に向かいます。

組織論としても名著である『失敗の本質 日本軍の組織的研究』(中央公論新社)では、
「組織が継続的に環境に適応していくためには、組織は主体的にその戦略・組織を環境の変化に適合するように変化させなければならない。このようなことができる、つまり主体的に進化する能力のある組織が自己革新組織である。組織は、自己革新行動を通じて日々進化をとげていく。
適応力のある組織は、環境を利用してたえず組織内に変異、緊張、危機感を発生させている。あるいはこの原則を、組織が進化するためには、それ自体をたえず不均衡状態にしておかなければならない、といってもよいだろう。」

としています。組織が硬直化することで、さらに外部環境の変化に対応できていないなど悪循環に陥ることは避けなければいけません。

そのためには、多様な人材や情報、やり方を取り入れ、部門間の風通しを良くし、皆が一緒に問題解決にあたる場を生み出すなど、意識的に「内向き」から「外向き」に対策を講じ、組織の中に緊張とゆらぎを起こしていくことが必要です。

そして、その際には批評家や傍観者ではなく、困難に立ち向かう社員が重宝されなければならないでしょう。人事制度も、そのような社員を後押しするような仕組みである必要があります。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ