1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 評価結果の本人開示

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

評価結果の本人開示

2010/02/19(金) 08:28

 

フィードバック面談などで、本人に評価結果を通知する際、その開示内容は、企業によって様々です。

例えば、以下のような選択肢があります。
 
  ① 期中で、良かった点、改善すべき点の開示
 
  ② 評価シートの項目別の点数の開示 

  ③ 最終評価結果「B」などの開示 

上記①~③のうち、一概にどれが良いやり方というのは言えません。

①と③など、組合せで運用されている企業も多いでしょう。

大切なことは、フィードバック面談の目的を、「育成」「透明性」「納得性」のどこに置くのか、ということです。

「育成」の観点であれば、①だけでも良いでしょう。

「透明性」の観点であれば、②と③の組み合わせでしょうか。

「納得性」というのは人それぞれなので、難しいですが、①②③を丁寧に説明することでしょう。

何のためのフィードバック面談か、その目的によって、評価シート等のツール、面談の進め方、マニュアルなどの記載要領などは変わってきます。

このような点にも気を付けて、制度構築・運用を点検されてはいかがでしょうか。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ