1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 悩ましいパート、アルバイトの人事評価

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

悩ましいパート、アルバイトの人事評価

パート、アルバイトの人事評価制度の構築、導入では、度々、悩ましい問題にぶつかります。それは、せっかく人事評価シートを作成し、評価を行っても、なかなか処遇に活用しづらいことです。例えば、以下のような問題です。

・  評価が良いからと言って、毎年、時給を上げることは難しい。

・  賞与は支給していないので、賞与で差を付けることも難しい。

・  所得税の配偶者控除(年収103万円以下)や社会保険の被扶養者(年収130万円未満)の壁があり、そもそも年収が想定を超えてもらっては困る方がいる。

・  評価が良いからと言って、正社員に登用することも会社としては難しい。本人もそのような働き方を求めているわけではない。

確かに評価を直接、金銭に紐付けようとすると、上記のような悩ましい問題があります。

しかし、会社がしてほしい仕事がなされているかを確認するツール、コミュニケ―ションツール、そして何よりも本人を認めるツール、としての有効さは大きいものがあります。

処遇の点では、必ずしも直接金銭に紐付けるのではなく、表彰や特典(小旅行やランチ券など)、の方が、本人の記憶にも残り、モチベーション向上にもつながるケースは多いです。

何のために、パート、アルバイトの人事評価制度を導入するのか、どう活用するのか、この辺りを明確にした上で取り組む必要があるでしょう。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ