1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 人事評価が上手くいっていない理由

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

人事評価が上手くいっていない理由

2010/02/08(月) 08:17

今回は、評価制度が上手くいっていない理由を整理してみます。

その理由は、大まかに3つあると考えています。

1つ目は、評価制度や評価基準に起因するものです。例えば、自社のニーズに沿っていない、制度の整合性に欠ける、ツール類の不備などがあります。この場合は、大なり小なり制度の見直しを行うことが必要でしょう。

2つ目は、評価者に起因するものです。例えば、制度の目的や意義が浸透されていない。自社の評価基準、手順、運用ルールが理解されていない、評価のバラツキが見られる、部下からの信頼性が低いなどがあるでしょう。この場合、評価者研修や制度説明会、評価者間のすり合わせ、その他マネジメント力向上の取組みが求められます。

3つ目は、被評価者に起因するものです。例えば、制度の目的や意義が浸透されていない、仕事に対する主体性が見られない、などです。この場合、人事担当部署の努力も必要ですが、特に後者について上司は、本人に目標を持っていただくべく、面談を通して本人の動機づけを開発していくことが必要でしょう。

実際には、理由は1つとは限りませんので、これらの取組みを組み合わせて行っていくことが必要です。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ