1. ホーム
  2. 組織・人事コンサルティングBlog
  3. 日本人に求められるグローバル人材の3つの要素とは?

組織・人事コンサルティングBlog

RSS

前のページへ戻る

日本人に求められるグローバル人材の3つの要素とは?

2013/07/01(月) 08:13

安部政権に代わって、ますますグローバル人材という言葉を聞くようになりました。確かに、日本や日本人の海外での活躍がこれまで以上に求められることは言うまでもありません。

グローバル人材という言葉ですが、アクセンチュアの書籍では、「グローバル化が進展している世界の中で、主体的に物事を考え、多様なバックグランドを持つ同僚・取引先・顧客等に自分の考えをわかりやすく伝え、文化的・歴史的なバッググランドに由来する価値観や特性の差異を乗り越えて、相手の立場に立って互いを理解し、さらにはそうした差異からそれぞれの強みを引き出して活用し、相乗効果を生み出して、新しい価値を生み出すことができる、といった要素を数多く合わせ持った人材」(新興国進出のためのグローバル組織・人材マネジメント,東洋経済新報社)と定義しています。

少々長い定義ですが、要点を押さえた定義だと思います。中でも私は、「特性の差異を乗り越えて」という箇所に注目しました。では、日本人が国際舞台に立つ際に乗り越えなければいけない特性の差異には、どのようなものがあるでしょうか。私自身の近年の国際的な人事コンサルティング活動を通じて、日本人は、語学力に加えて、特に「発言力」「相手の見方」「危機意識」の3点については、ギャップがあり乗り越えていく必要があると感じています。

一つ目は、「発言力」です。会議やワークショップの際、物怖じすることなく、しっかりと自分の考えを述べていく必要があります。また、相手から意見を求められたら、自分の考えを一言や1回の発言で終えるのではなく、自分の発言に対して相手が答え、さらに深掘りして発言するといった議論を深める力が必要尾です。沈黙は悪と考え、自分のプレゼンスを高めることが重要です。

二つ目は、「相手の見方」です。日本人は、特に初対面の際、相手の人となりよりも、会社名や肩書、年齢など何かしらの型やカテゴリーに当てはめたがります。報道や、プライベートでの出会いなどでも、その傾向が強いと言えます。相手の肩書や属性を見るのではなく、相手の人間性や価値観、考え方に興味を持って応対することで、肩書同士ではなく、本当の人間の付き合いが生まれます。

三つ目は、「危機意識」です。国内の報道を見ていると、日本の技術力や開発力は素晴らしく、今もって世界のトップに立っている、という分野を探しては誇らしく報道しています。しかしながら、近年私が頻繁に行っているシンガポールやマレーシア、香港等と比べると日本が遅れている分野は、法やインフラ整備、IT、男女格差まで多岐に渡ります。グローバル化に伴い、市場や競争環境、仕事の条件が変化していることに目を背けずに、自ら危機感を持って行動することが必要でしょう。

「発言力」「相手の見方」「危機意識」の3点は、いずれも失敗を経験しながら、意識してアンテナを立て、準備することで、向上できることです。簡単ではありませんが、日本や日本人がこれまで以上に国際舞台で活躍するための要素がここにあると考えます。皆さんの組織にもグローバル人材がいるでしょうか。

ツイートツイート このエントリをはてなブックマークに追加このエントリをdel.icio.usに追加このエントリをLivedoor Clipに追加このエントリをYahoo!ブックマークに追加このエントリをFC2ブックマークに追加このエントリをNifty Clipに追加このエントリをPOOKMARK. Airlinesに追加このエントリをBuzzurl(バザール)に追加このエントリをChoixに追加このエントリをnewsingに追加

ページの先頭へ